前へ
次へ

骨董品買取に出してみたいと思っているもの

骨董品買取を頼めるようなものは、何も縁がない筆者ですが、一つだけ、気になっている宝物が身近にあります。
それは親戚が持っている、トルコ絨毯です。
親戚が十数年前に、トルコへ海外旅行に行き、購入したものです。
この絨毯を販売したトルコ人店主は、トルコ人にとって絨毯は、ひ孫や玄孫の代まで引き継ぐものであると力説したそうです。
店の奥の部屋で、ミントティーを出して、もてなしながら、いかにこの絨毯が素晴らしい仕上がりであるかを語り、その情熱に説得されて、親戚は購入したようです。
クレジットカードの支払い限度額を超えるほどの大金を支払ってしまい、彼の妻はひどく呆れ、怒ったようです。
いざ、絨毯を拝見すると、1.5平方メートルくらいの、いわゆる玄関マットより少し大きいくらいのもの。
全体は少しくすんだえんじ色で、細かな刺繍が隅々まで施され、なかなか渋いながらも、豪華な絨毯です。
この絨毯の本当の価値はどのくらいなのか、骨董品買取で聞いてみる機会や、骨董品鑑定の番組に出演する機会があるのなら、ぜひ一度確かめてみたい、という気持ちにさせられ逸品です。

Page Top